ランチ後にやってくる強い眠気とはおさらばを

ランチタイムは楽しい時間ですが、美味しく食事をした後、午後の業務で悩みとなるのが睡魔です。
午後からの仕事に支障が出てしまうので、ランチで選ぶメニューは軽めにする人もいます。
お腹いっぱいに食べると人は眠くなりますが、強い眠気を午後から急に感じるのは、食事メニュー選びが関わってることです。
ランチは手軽でボリュームがあって安い、単体のメニューを食べることが多いですし、それは大体がどんぶり物やうどんにパスタなどの、炭水化物メニューになります。
炭水化物はお腹が満たされやすいですが、食物繊維がほとんど含まれず、糖質ばかりが多い食べ物なので、食後の血糖値が急激に上がりやすいです。
インスリンがたくさん出るのは急激に血糖値が上がるためであり、血糖は急下降をするものの、その時にだるさや眠さが襲ってきます。
糖質過剰な食べ物は消化にも時間が必要であり、集中力も落ちやすいのもこれが原因です。
ランチメニューは炭水化物のみの食事ではなく、炭水化物は控えめで、食物繊維やビタミン豊富な、野菜がたくさん含まれる食事をするようにします。